よくある質問

Q. 炭酸ガスカートリッジを取り付けるとすぐにガスが漏れてしまいます。

  • 圧力ダイヤルはオフになっていますか?
    圧力ダイヤルは反時計方向いっぱいに回すとオフになります。
  • カートリッジリテーナーが正しい位置にはめ込まれていますか?
    確認してください。
  • カートリッジシールが破損していませんか?
    確認してください。
    破損している場合は交換してください。

Q. タップは開いていますが、ビールが出ません。

  • 正しく圧力がかかっていない可能性があります。以下を確認してください。
    • 新しい炭酸ガスカートリッジが取り付けられていますか?
    • VPRキャップの圧力はオンになっていますか?
    どちらも正常な場合は、VPRキャップが故障している可能性があります。
    VPRキャップをボトルから外し、圧力ダイヤルを少し回して、炭酸ガスの吹き出し音がするか確認してください。
    炭酸ガスカートリッジに炭酸ガスが残っていても吹き出し音が聞こえない場合は、VPRキャップの交換についてテクニカルサポートにお問い合わせください。
  • タップが詰まっている可能性があります。

    清掃のしかた」を参照して、きれいに洗ってください。

    0.8mmを超える固形物(果物など)を含む液体は使用しないでください。

    きれいに洗ってもビールが出ない場合は、タップの内側を分解して清掃する必要があるかもしれません。テクニカルサポートにお問い合わせください。

Q. 1~2日で圧力がかからなくなってしまいます。

  • 以下を確認してください。
    • VPRキャップの圧力ダイヤルはオンになっていますか?
      一旦圧力をかけた後は、圧力ダイヤルをオフにしないでください。
    • VPRキャップはしっかり締まっていますか?
    • キャップOリングが挟まれていたり、破損したりしていませんか?
    • カートリッジシールが破損していませんか?
    • カートリッジリテーナーは正しい位置にはめ込まれていますか?
    すべてが正しい状態でも吹き出し音が聞こえるときは、テクニカルサポートにお問い合わせください。

Q. 1週間以上圧力をかけ続けていますが、ビールがなくなる前に炭酸ガスが切れてしまいます。

  • 炭酸ガスがゆっくり漏れている可能性があります。
    Q. 1~2日で圧力がかからなくなってしまいます。」の回答を参照して確認してください。
  • ビールが炭酸化されていない場合、炭酸ガスは時間をかけてビールに吸収されていきます。
    この場合は、通常よりも早く炭酸ガスが無くなります。

Q. タップやグースネックが左右に回転してしまいます。

  • 正常な状態です。
    グースネックは持ち運びの際に邪魔にならないよう、横に向けることができます。
    また、必要に応じて横から注げるように回転させることができます。
    回転が緩すぎる場合は、グースネックのどちらかの端にあるナットを締めてください。

Q. タップロックがつまっています。

  • ビールが乾いて固まっている可能性があります。
    タップを取り外して、お湯で温めてください。
    お湯の中で金属スプーンのボウル部分などを使ってタップロックを押してください。
    滑らかに動くようになるまで、何度か押してください。
    清掃するときは、タップロックは必ずお湯ですすいでください。

Q. 圧力をかけても圧力計が0psiを指したまま変わりません。

  • 圧力計の針は一時的に動かなくなることがあります。
    圧力をかけた状態で、ゲージ面を軽くたたいてください。
  • ビールが乾いて固まっている可能性があります。
    growlerwerks.com/howtoのビデオを参照して圧力計を清掃してください。(英語版のみ)
  • 圧力計が故障している可能性があります。
    テクニカルサポートにお問い合わせください。