Beer ビール

Shinjuku Vice

80年代のジョン・ドンソンとトリップ・フイケル・マーマス(偽名、笑)主演、某ポリドラのオマージュとして醸造したホワイトビア。 東京のかっこいい街新宿をモチーフに(Weisse)ヴァイツェンの鏡と言っても過言ではない。 やさしいクローブとバナナの風味がクリーミーかつドライのボディーを支える。

Haze is Dead?

モザイク、ギャラクシー、シトラを「これでもか!?」とドライホッピングしたトロピカルフルーツのジューシー感が目一杯のIPA。 Tokyo Aleworksがまだ醸造始めたころに作ったヘイジー(濁り)IPAがなんと!濁らなかった!もしかしたらヘイーズの時代が終わったかも?

Blasda Dhu

重くない、スッキリしたドライスタウト。程よいロースト感と微炭酸による滑らかなボディー。ケルト民族ゲール語で「美味しい黒」の意味。

Roppongi Nights

8.5%を感じさせない非常に滑らかでジューシー、アマリロとシトラホップを2段階に分けて大量にドライホッピング。 Tokyo Aleworks独自の製法でごくごく飲めるへイジーIIPAが実現。六本木で飲みに行った夜、霞んだ記憶にならないように飲み過ぎにご注意ください。

Center Gai

5種類の麦芽と6種類のホップを使用した、深みのあるIPA。しっかりした苦味もあり、「これでもか!?」Idaho 7でドライホッピング。 トロピカルフルーツ、柑橘、ストーンフルーツ、松ぼっくりに紅茶の葉っぱのアーシーさを絶妙にレイヤーリングできました。ヘイジーじゃない、古きよきアメリカンIPA。

Flagon Filler CSB

英国のパブでよく飲まれるエキストラ・スペシャル・ビター。 まろやかな麦芽の甘味とバランスの良い苦味が特徴。ウイスキーのチェーサービールに最適!Japan Great Beer Awards 2020年金賞受賞!

Juniors Cream Ale

ライトな麦芽とホップのキャラクターを持つ、爽快感たっぷり、のどごしのいいエール。エール酵母で作るアメリカンライトスタイル。 醸造責任者の父が生前飲んでいたビールがインスピレーション。Japan Great Beer Awards 2020年銅賞受賞!

Yoyogi Lazy Hazy Ipa

パッションフルーツやマンゴー、パイナップルの様な甘味とジューシーさ。透明なビールで有名なTokyo Aleworksがお届けする最高のヘイジー(濁り)IPA。 豪華にIdaho7、ギャラクシー、シムコー使用。

The Hop Samurye Yasuke

ジャパン・グレートビア・アワーズ2020 年で銀賞受賞さ れたザ・ホップさむライIIPA に焙煎された大麦と小麦が入 ったロースト感を増やしました。 戦国時代で歴史上唯一 の黒人の侍:「やすけ」さんに敬意をはらい、企画した ビールです。

夏は夜セゾン

スッキリでドライ。ライトなベリー系とパッションフルーツの香りのHBC431とアマリロホップを使用。夏には必飲!もちろんオールシーズンいけちゃいます!

9 Circles

深い赤茶色でダークフルーツとモルティー感にカスケードとセンテンイアルホップの柑橘の風味でこのビールは色んなフレイバーを実現できています。 元々は北東京の大塚駅近辺のビール名店:タイタンズとのコラボビール。

Smashing Imperialism

TOKYO ALEWORKS×伝説のエクストリームパンクバンド:ナパームデス× アートデザイナーのジェイホームズ氏による革命的なコラボレーション。 私たちの想いがつまったラベルデザイン。 ナパームデスの曲の強烈さが伝わる焙煎感に、高アルコールなのに スムースさをもったTOKYO ALEWORKSならでは飲み心地

T.A.S.T.Y. IPA

インターナショナルな街にあわせ、アメリカ、フランス、オーストラリア、ドイツ、英国、日本の6か国の原材料を贅沢に使用するとともに、 苦みや風味の決め手となるフルーツ、スパイス、ハーブなどをJR有楽町駅社員とともに決定した有楽町駅限定醸造品です。

Blueberry Pancakes

パンケーキは老若男女問わず好きでしょう!ブルーベリーを入れるとさらに!TAWのアメリカンウイートエールをベースにブルーベリーを豪華に投入しました。 いつでもどこでもブレクファーストが飲めます!

Swipe Right

2021夏のTokyo Aleworks新作ペールエール!このビールを昨今流行のマッチングデートアプリで例えるならば、きっと第一印象であなたの心に刺さり、 即座にスワイプで『メッチャ好み!』に振り分ける事でしょう!というバックグラウンドで名付けたこのビールは、特に暑い今年の夏にぴったりのちょうどいい強すぎない爽やかな苦味と、 ドライホップにシトラとモザイクをふんだんに使った上品な香りと風味のこの夏一押しアメリカンペールエールです!

Mint Chocolate Ice Cream

名前の通り、「究極のチョコミントアイス味のビール」という課題にTokyo Aleworks、浪漫須貯古齢糖(ロマンスチョコレート)さん、山梨県韮崎市で無農薬ミント豪-Gouさん、 デザイナーのD. Takiguchiさんによるコラボレーションで正解が出せたと思っています! インドネシア産のカカオニブ、国産のミントが完璧にアイスクリーム感が実現できました。

Pumpkin Spice Latte Ale

パンプキンパイに使われるシナモン、ナツメグなどのスパイス感、ほのかなコーヒー豆の風味、クリーミーな口当たりで秋を感じさせるビール。 某チェーン店のコーヒーショップのヒット商品にインスパイアされ、完璧に再現できました!秋の季節限定!